ビーグレン【たるみ・ほうれい線】のレビュー…唯一悪いところとお得な「お試し」に関して!

b.glen/ビーグレン【たるみ・ほうれい線】を使ってみた私の口コミ!

こんにちは、お肌のお悩みには様々なものがありますが、その中の1つが[たるみ・ほうれい線]ではないでしょうか。

私も30台後半ごろから顔のたるみやほうれい線が気になり始めたんですよ。

特に頬、口元、そして目元ですね。

口元の両サイドのほうれい線、マリオネットラインがはっきりできてしまい、口角が下がってきました。

顔が老けて見える理由は色々ありますが、やっぱり[たるみ・ほうれい線]は老け顔をつくる最大の原因だと思います。

それで私も色々なコスメを探しみて、そこで見つけたのがビーグレンのケアプログラム。

今、顔のたるみやほうれい線が気になって仕方ないという方、必見です!!

どうぞ参考にしてみて下さい。

◆◇◆ 顔の[たるみ・ほうれい線]の原因 ◆◇◆

ビーグレンのレビューに先立ち、まずは顔がたるんでいく原因を見ていきたいと思います。

いくつか例をあげてみます。


■皮膚の老化

顔の中で最も脂肪が多い場所が頬。

若いころは肌に弾力があるので、頬の重たい脂肪もしっかり支えてくれます。

しかし年をとると、お肌のコラーゲンやエラスチンが減少し弾力が減少。

その結果、弾力の無いお肌は頬の肉を支えきれず、垂れ下がってしまうというわけです。

また40歳を過ぎるとお肌の水分量がぐっと減るので、乾燥肌になりがちに。

お肌が乾燥することでも、ハリや弾力が失われるので、ますますお肌の[たるみ・ほうれい線]に拍車がかかります。

その点ビーグレンは皮膚の老化にもしっかり向き合っています。


■筋肉の衰え

皮膚の内側にはたくさんの表情筋があります。

加齢に伴いこの筋肉は衰えていき、頬の脂肪を支える力が弱くなってしまいます。

また普段表情筋をあまり使っていない方なら、かなり早いうちから表情筋の衰えがスタートするので、[たるみ・ほうれい線]の進行が速いかも。

それに加えて表情筋が弱まると、皮下脂肪が増えてくるので、頬はより垂れ下がりやすくなってしまうのです。


■紫外線

紫外線を浴びるとお肌がダメージを受け、コラーゲンなどの成分が壊れてしまいます。

するとお肌のハリや潤いがますます失われ、さらに新陳代謝も悪くなってしまい、結果[たるみ・ほうれい線]が進んでしまいます。


■生活習慣

毎日の生活が多忙で、不規則な毎日を送っている人は要注意!

たとえば睡眠不足、偏食、喫煙、ストレスなどは、体内のビタミンCを破壊します。

ビタミンCが破壊されると、コラーゲンが生成されず、活性酸素の発生も促してしまいます。

その結果、お肌のハリや潤いは失われ肌がたるんでいきます。


こんな状態になったらビーグレンのケアプログラムの登場です。

みなさんはビーグレンという化粧品メーカーを聞いたことがありますか?

ビーグレンはアメリカのカリフォルニア州に本社を置く会社なんですが、女性のさまざまな肌トラブルを科学の力でアプローチしてくれる、本格的サイエンスコスメとして、世界中で有名な会社です。

日本では通信販売を中心に事業展開しているようですが、口コミを通じて瞬く間に人気化粧品メーカーとなっているんですね。

美容雑誌でも紹介され、爆発的な人気を誇っています。


そんなビーグレンでは、それぞれ肌の悩みに対して集中的にアプローチできるように、「美白」「 乾燥・保湿」「ニキビケアセット」「ニキビ跡」「目元ケア」「毛穴」「エイジングケア」といった具合にシリーズ化されています。

その中の1つがビーグレン[たるみ・ほうれい線]ケアプログラムというわけです。

このプログラムは頬がたるむ原因をしっかり分析し、お肌のトラブル元にダイレクトにアプローチ。

何と90%の方が改善を実感するという、すごい商品なんですよ。

皆さんも決してあきらめないでくださいね。

ビーグレンを使って正しいケアを行えば、しっかり改善します。

何もしないで放っておくと、お肌は悪化するばかりか、後でケアを初めても、改善が難しくなってしまう可能性が大きいのです。

ですから、思い立ったが吉日!

ではビーグレンのレビューをはじめていきますね。

◆◇◆ ビーグレン[たるみ・ほうれい線]トライアルキットのレビュー! ◆◇◆

ビーグレンは加齢によってお肌の弾力が失われ、[たるみ・ほうれい線]がどんどん進行してしまう原因に、ダイレクトに働きかけます。

たるむことによって、顔じゅうにできる嫌な線、たとえばほうれい線などは、入念にお手入れしていく必要があります。


■特徴

≪悩みに集中的に働きかけるビーグレンの美容成分≫

[たるみ・ほうれい線]の原因はコラーゲンやエラスチンの減少と乾燥。

これらは加齢とともにどんどん減少していくので、美容成分をしっかり与えていく必要があるんですよ。

ビーグレン独自の6つの集中ケア成分が、顔のそれぞれの場所にダイレクトにアプローチし、夜まで理想の形をしっかりキープしてくれます。


①頬・目元にアプローチ

デコリニル、アセチルペプチド-1セチルの2つの成分が、たるんだ目元周りに働きかけます。

ファンデーションがヨレて、とっても老けた印象になりがちな目元を、グッと引き締めてくれますよ。


②口元周りをキュッと引き締め

口元が緩むと、ほうれい線やマリオネットラインなど、老け顔を作るラインができてしまうので要注意!

こちらにはシャクヤク根エキス、トリフルオロ酢酸デトラデジルアミノブ、チロイルパリルアミノ酪酸ウレアというビーグレン3つの成分が働きかけます。


③あご周りをケア

シャープなあごは、小顔に見えたり若々しく見えますね。

あごにはキュアパッションが引き締まったあごラインを作ってくれます。


≪ビーグレン独自開発の浸透テクノロジーQuSome≫

ビーグレンの代名詞ともいうべき浸透テクノロジーQuSome。

髪の毛の500分の1というナノサイズのカプセルに、必要な美容成分をしっかり包み込み、お肌にしっかり浸透しながら、角質層の肌トラブル元にアプローチ。

目には見えないナノレベルでのお肌のケアは、体感した人しか良さがわかりません。


多くの化粧品は、美容成分が肌表面レベルでとどまり、角質層まで働きかけることができません。

ビーグレンの発想は、「浸透深度」。

いくら高級で良い美容成分でも、お肌の出来るだけ深いところまで届けて行かないと意味がないんですよ。

ビーグレンはアメリカ医療界における浸透テクノロジーの権威とも言うべき、ブライアン・ケラー博士による研究開発により、QuSome粒子がお肌に浸透していくことを可能にしてくれました。

これはクリーム、ゲル、ローションなどに採用されており、どれに配合しても成分が安定するという技術をもっているから、スゴイですね。

一つの容器には何十億ものナノカプセルが配合され、成分をしっかり包み込んでお肌に届けてくれます。

このナノレベルでのアプローチこそが、ビーグレンそのものなんですよ。

■効果的な使い方!


ビーグレン≪洗顔:クレイウォッシュ≫

ビーグレンの洗顔は毛穴に吸着して汚れをとるタイプの洗顔料。

泡立る必要はなく、手になじませて使います。

基本的な使い方は次の通りです。


〔使い方〕

①顔全体をぬるま湯で濡らす

②さくらんぼ大を手のひらに取り出し、軽く馴染ませる

③顔全体を円を描くように優しく洗う

④ぬるま湯で洗い流す


水や熱湯ではなく、ぬるま湯で優しくマッサージするように洗うと良いです。

その時、手でゴシゴシ強くこすらないよう注意して下さいね。


ビーグレン≪化粧水:QuSomeローション≫

ビーグレンのQuSomeローションは独自開発の浸透テクノロジーを使って、美容成分を肌トラブルへしっかり届けます。

手で丁寧に優しくつければ、お肌への浸透を実感します。


〔使い方〕

①直径3センチ程度を手のひらに取り出す

②両手に軽く馴染ませ、顔全体に優しくつけていく

③目元、口元など皮膚の薄い箇所は、指の腹でやさしく押さえるようにつける

④最後に顔全体をやさしく手でおさえる


もし全体を付けた後、まだ乾燥が気になる部分があれば、重ねづけしてみて下さい。


ビーグレン≪マッサージ美容液:QuSomeリフト≫

ビーグレンの美容液は目玉ともいうべき製品です。

効果的なマッサージをあわせて、お肌をしっかり上向きに上げていきます。

まずは基本的な使い方はこちら。


〔使い方〕

①直径3センチ程度を手のひらに取り出す

②両手になじませ、顔全体をやさしく押さえるようにつけます

③目元、口元、鼻まわりなどは、指の腹でやさしくなじませてください

④最後に顔全体をやさしく手でおさえる


それではここから、たった3分でできるリフトマッサージをご紹介いたします。

★1日3分のリフトマッサージ

これを毎日3分試してみて下さい。

顔の血行がよくなり、お肌の質感もしっとり滑らかになりますよ。

ぜひおススメのマッサージです。


ビーグレン≪美容液:Cセラム≫

QuSomeで包み込まれたビーグレンのピュアビタミンCが、お肌につけるとポッと温かみを感じます。

手でお肌に浸透するよう、優しくなじませます。


〔使い方〕

①直径2cm位を手のひらに取り出す

②両手に軽く馴染ませ、顔全体に優しくつけていく

③目元、口元など皮膚の薄い箇所は、指の腹でやさしく押さえるようにつける

④最後に顔全体を優しく手でおさえる


手で軽く押さえると、浸透を高める働きがあります。

血行も良くなるので、必ず押さえると良いです。


ビーグレン≪クリーム:QuSomeモイスチャーリッチクリーム≫

[たるみ・ほうれい線]の原因の一つでもある乾燥対策のためにも、こちらのビーグレンQuSomeモイスチャーリッチクリームをたっぷり使います。


〔使い方〕

①パール1~2粒大のQuSomeモイスチャーゲルクリームを手のひらにとる

②額・あご・両頬・鼻の5点に置く

③顔の内側から外側に向かってのばし、目のまわりは円を描くようになじませる

④最後に手で顔全体を包み、肌になじませるように優しく押さえる。


乾燥がひどい時には、5分か10分位ラップパックを試してみて下さい。

カサつくお肌も、全体にしっかり保湿成分が行き届き、翌朝のハリ感が違うはず。


〔トライアルセット内容〕

・クレイウォッシュ(15g)

・QuSomeローション(20mL)

・QuSomeリフト(10g)

・Cセラム(5mL)

・QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)


■ビーグレン[たるみ・ほうれい線]ケア…私の評価

ビーグレンのトライアルは、どれをとってもお手頃価格で始められるのが嬉しいですよね。

それからトライアルって3日分とかだったりする場合もありますが、1週間分っていうのは良いです。

やはりこれだけ期間があったら、しっかり試すことができるので、使い終わる頃には効果をしっかり実感できます。

とりあえず、プチプラのトライアルは試す価値アリです。


それから私はこれといったビーグレンに対して不満は無かったのですが、口コミなんかだと、中にはトライアルを使っても効果が実感できなかったという方も。

特に、手入れを怠っている方は、肌が固くなっていること、またお肌の乾燥などにより、[たるみ・ほうれい線]の改善も簡単にはいかないかもしれません。

そうなると、ビーグレンの効果を実感するまでに、少し時間がかかるかもしれませんね。

美肌は一日にして成らず!

諦めずに少し時間をかけてお使いください。


■満足度:★★★★☆(4/5点)

あと星ひとつ届かなかった理由としては、工程が5つもあるので、最初は結構面倒だと思ったからです。 だって今までオールインワンで済ませてたので、それに比べたらかなり大変。

でも慣れれば問題ないし、なによりビーグレンは効果が実感できると、気分の持ち方まで変わってきます。

メイクするのも若いころのように楽しくなったので、年齢肌に負けないおばさんを目指していきますよ♪

◆◇◆ ビーグレン[たるみ・ほうれい線]ケアのトライアルセット ◆◇◆

今ならビーグレンのトライアルセットがキャンペーン中なので、とてもお得に購入できるんです。

ビーグレンのトライアルセット【良いところ・悪いところ】



■LINK■